挑戦とは?あきらめないために考えるべきこと

主に学生あてに送る、挑戦とは困難なものごとに対して取り組むことだ。

同時に困難なことに出くわしたとき、見切りをつけることも大事ではある。

しかし、学生の間は時には自由が許されており、挑戦するには絶好な時期である。

挑戦を諦める理由というのは挑戦するほうがリスクがあると考えており、回避策をとるからであろう。

本当にそれがリスクなのかを考えると、どうにもならない時に、そのどうにもならないという認識も正確な判断ではないかもしれないと考えられえるようになる。

そのために思いだしてほしいことがある。

1、自分の中に必ず原因がある

うまくいかない理由は必ず自分にある。対人関係、仕事、スポーツ、恋愛、、、でうまくいかなかったとき必ず自分に原因があることを考える。

スポーツであんたが試合に出てミスったとき、そのミスの原因は自分の中にある。それは、練習不足であったり、気持ちの問題であったりする

。チームプレイで失敗したときは他責をしたくなるかもしれないが、失敗が起きないようにどう立ち回ればよかったのか考えれば相手のことを理解でき、相手に対しても、誤ることができ、相手も自分にも問題があったのだと考えてくれるだろう。

2、今はまだどん底ではないと考える

あなたが挑戦する、しかし失敗したとしよう、しかし、あなたは何も失っていないことに気づく、学生の間なら、それで信用を失っても、なめられようと、それは本当にどん底であろうか、他者と相対比較で自分が劣っていると考えており、自分がいらない人間だと思ってしまって存在意義を見失ってしまうことがある。

しかし、最終的には死なない。そこで孤独感を感じていようと、学生であるのであれば、今まで多くの支えてくれた方のおかげで自分がいるということを忘れてはいけない。

3、時が解決してくれる

物事には終わりがある、学校生活も、人生にも、長期休暇も必ず終わりがある。人生だけは、終わりあれど、やり直しができないものだ。人生という何十年のスパンの中で私たちは生きている。挑戦はその人生という線の中の点でやっていくものだ。もし点がだめになっても、新しい形で点を作ることができる。

今だけに目を向けるのではなく、それがあったから次はどう動くことができその先、どう自分を変化できるか考えてみよう。そうすることで、あの時失敗した自分を乗り越えていくことができるはずだ。

物事には終わりがある、学校生活も、人生にも、長期休暇も必ず終わりがある。

人生だけは、終わりあれど、やり直しができないものだ。人生という何十年のスパンの中で私たちは生きている。挑戦はその人生という線の中の点でやっていくものだ。

もし点がだめになっても、新しい形で点を作ることができる。今だけに目を向けるのではなく、それがあったから次はどう動くことができその先、どう自分を変化できるか考えてみよう。

そうすることで、あの時失敗した自分を乗り越えていくことができるはずだ。

4与えられたものに気づき感謝する

あなたが今挑戦することが許されている身なのであれば、とてもツイている。困難とは多くの分からないことに直面することを意味している。

のであれば、そこから多くの学びが得られるのは間違いないはずだ。

成功という形で学べることもあるかもしれないが失敗からのほうがより多き学びを得られることであろう。

挑戦が許されているいるだけで多くのことを与えてもらえることに感謝することである。もちろんそれはいい形で学べるわけで会ないかもしれない、現実からしっぺ返しを食らってつらい思いをすることがあることも多いだろう。

僕もナンパを初めて何度もシカとされることがありましたが、シカトを崩す方法は、何度もシカトされて、そのあとの切り返しを試しては無視されただけのことです。だから崩し方が分かります。

それがいい形であれ、悪い形であれ。挑戦をやめない限り多くの学びを得ることができます。その時間はかけがえのないものですし、親から、友人から、ネットから、いろんなところ機会をいただいていることはとてもありがたいことです。

5、物事は両側面から見る。ポジティブな見方をする。

挑戦することは素晴らしいかもしれないが、苦手を無理に克服するのはあんまりよくないです。自分の素を無理に変えようとすると、うまくいかないし、変化を望んでいない場合があります。人と話すことが苦手な人っていると思います。僕もそうです。無口な人がいきなり、友達が何百人もいるような人のまねをしても途方に暮れるでしょう。

無口でも成功している方もたくさんいらっしゃいます。物事を一側面で見ると、明るく、おしゃべりなほうがいいと思いがちです。しかし、みんなが同じようにそう動いていたら議論に終わりが見えないだろうし、話も脱線しがちになるでしょう。おとなしい人でも議論の内容を慎重に理解し、どこに問題があるのか指摘する立場になることができます。

話し上手にはなれないかもしれないけれど聞き上手になれるかもしれません。ないものねだりをするのではなく今あるものをどう伸ばしていくかを考えることで、自分のことをポジティブに受け入れて努力できます。

変わりたいと思うのであれば、自分を否定するのではなく、自分の短所と思われるものを長所にとらえ育てていく前向きな自己理解が必要です。

それが自分が自分であるということです。

6、すべての出来事が当たり前に起きていることではない

自分の中に起こることが必然であるかのような感覚があると、一貫的に物事を考えていきます。毎日失敗が続くとショックを受けますが、そのショックが当たり前になって怖くなることもあります。

でも、いつか打開策が見つかることを信じていてほしいです。今日が最悪なら明日がそれを最悪でなくしてくれます。

今起こっていることは必ずしも次も起こりうることばかりではありません。

7、挑戦しないと新しい自分と出会うことはできない。

挑戦をして挫折をしてもそれがあるからマインドが鍛えられて、成長することができます。

挑戦をしなければずっと自分の身の丈に合ったことしかしなくなります。

そうすれば成長はできません、挑戦する中で多くのことを学習し、今できていないことを修正してどこが足りないのか発見する作業はまるで研究者のようです。

未知なることに探求すること、そこから得た知識や経験は、あなたが生きていく中で武器になります。

8、失敗するのはむしろ当たり前であること

挑戦するときには、失敗はつきものです。成功は二の次程度に考えてください。 ベンチャー企業などは一年もすれば何個も事業をつぶします。

その中で残った1%だけがせいこうにつながったりします。どうせできないとあきらめるのはもったいないです。 まずはやってみる、これくらいで十分です

僕がナンパ地蔵を克服した方法と克服できた理由とは。

地蔵克服はある日突然できる

やっと、

やっと地蔵を脱することができました。

ナンパを始めて、地蔵をしたり、声をかけられずに、三か月くらい経ちました。

僕はこのままでは、女性に声をかけられないままだと思いました。

ですが、大丈夫でした、地蔵は必ず克服できます。

ナンパを始めたての自分を変えていきたいという想い、それだけあれば十分です、自分のコンプレックスと今までのさえない青春を振り返ってみてください、あなたのジェラシーはいつも燃えているはずでしょう?

克服できただけでかなりうれしいですよ。

一歩進んだという実感が持てるし、何より、一言でもいいから女性に話がかけられるという確信は、その先のバンゲ交換、連れ出し、もしくはその先まであなたを導てくれるでしょう。

話しかけに行けるということは、ナンパして断られてもどのみち一期一会なので、次またやればいいじゃないかと自然に思えるようになります。

みんなでナンパしていると不思議なパワーがみなぎってきます。オナ禁も40日くらいしてエネルギーを覚醒させていました。

実践会は克服の近道

僕は一万円の金を払い、西尾さんと、神田さん、上条さんの運営する初心者ナンパスタートアップセミナーに参加しそれを実感しました。

セミナーには教室を間違えてしまって、転売、アフィリの口座に潜入して遅れて講座に入出しましたが、ナンパや恋愛の基礎を学び、それから実戦という流れでアウトプットしやすかったです。

また初心者ナンパ師が受講するのでいい刺激になります。

ナンパで話したこと

今日得たフィードバックを忘れないように、交わした会話と、改善点をちょっと記します。

注意した点は

・ほめること

・聞くこと

・たまにいじること


髪が美しいおばさん

後ろ姿だけ見るとめちゃくちゃきれいでしたが、声かけた後びっくりしました。

しかしそのあとの言葉が出なかったです。

ここでの反省は、髪形をほめてあげることでした、めちゃくちゃおしゃれだったし、カールが美しかったです。

それを言えず自分の両耳の横で、人差し指をたてて、くるくる回して一人で電波を受信していたのは反省点でした。カールを指摘したかったんですけどね。

あと声が小さかったんでそこを大きくしていけばよくなったと思います。

赤い観覧車を眺める女子高校生

一回目で声をかけることができ、少し軌道に乗ってきた僕には精神的余裕ができました。

「おれ、旅で大阪来てるんやけど、あれって東京タワーですかね。」といって観覧車を指さすとちょっと受けて笑ってくれました。

一つナイスだったのは赤い観覧車がうまい具合の角度で東京タワーみたいになっていたので、訪ねてみました。

「なに食ってんの?」

「ハンバーガー」

「マックね、リーズナブルでいいね。」

「??」

「リーズナブルってのはね、安いっていう意味でね、おっとインテリぶってsjdbjds。」

「!?」

「失礼しました、ところで彼氏いるの?」

「いないよー、作らないしー」

「なんでや!もったいない。」

「作りたくなーい」

「なんかあったろ?」

「なんもないけどー」

「まあとりあえず、お茶でも行かない?」

「首を横振る」

「お疲れした」

彼氏いない話とかは相手の自己開示だったので掘り下げてよかったかなと思います。

つくれんだけやろ(笑)とか男勝りだね(笑)とか返すと展開に波を持たせることができたと思います。聞き返されることがあったのでやはりどうどうとしゃべる必要性がありますね。

相手の語彙力が少ない場合には訂正しつつ、平易な言葉で話すこ必要もありました。

みたいな会話、ほとんど内容がないですが、彼氏を作らないというところ信念が現れていたと思います。これは初めての自己開示なので深堀するかいじるのもありだと思いました。

下駄みたいな靴はいてる美女

これまでのメンタルが折れたナンパ

「こんにちは、今日は寒いですね」

「その靴下駄みたいな靴でおしゃれですね。」

ガンシカ、スタバのフラペチーノかなんか知らないですが、真顔で悠々と飲んでいた。

自分はすっかり、美女には相手にされないと思っていました。

しかし、それが当たり前です。

無視はしていたけど、嫌そうというより余裕そうにしていたと振り返っています。

確実に話は聞くだけ聞こう、でも結構冷たくいくから、興味なさそうにしているようでした。

僕は完全に彼女に打ちのめされたため、会話をやめ逃げていきました。

それなら、「それ、巷ではやりのフラペチーノってやつでしょ?」「しゃべると、フラペチーノ戻すから、別にしゃべらんでいいけど、だったら俺がしゃべるね」

「俺21歳で彼女と別れてしまったんよね」「お姉さんに話しかけたのはただの暇つぶしだから」「その下駄に合わせて、服装に浴衣感が出ているのって、上級なおしゃれだと思うのね」とか逆に話題を増やしたり、対抗することができたんじゃないかと思います。

相手の行動変化に合わせて、話題を合わせる。

無視されてもとにかく話題を振る。

ここら辺できなくてへたくそですね。

イヤホンお姉さん

結構乗ってきたので今度はタイプの女性に声をかけてみようと上条さんにアドバイスされました。

聞こえているか聞こえていない分からない状態で、声をかけ続けながら、イヤホンを外す動作を促すようジェスチャーするように指示されました。

一人目のギャルっぽい人に声をかけてみましたが、イヤホンを外してくれませんでした。

あとで上条さんから手の動きとか目線が挙動不審だったから、外してくれんかったんかもといわれたので、二人目はジェスチャーをシンプルにして一回外す動作を見せたらそこで止めるようにしてあとは相手の目を見て外してくれないかと訴えるように外してくれました。

「こんにちは、一つ質問をしたい。あなたはクレオパトラですか?」

「いや、違います。」笑ってるのか引いているのか微妙な表情をしていた

「いやー、見間違えるほどでしたよ」「今日はカボチャの馬車を待っているんですね?わかります。」

「いや、友達です。」

「今からご飯行くの?」

「そうです」

「ああ、そうなんですね。大体わかってました、さっきのは嘘です。」

「じゃあ、友達と楽しんでいってください、ありがとうございました」

友達がいるいわれるは断りの常套句なので、切り返しもしたいと思いました。そこで粘らなければ次の会話に行けないからです。次は「ちょうどよかった、友達も一緒でのみに行こうよ」とかポジティブな返しができるといいなと思いました。

コンビニのイートコーナーにいる大学生

懇親会を終えて一人でナンパ

お姉さんお姉さん

旅行行ってきたんですが?

ハイ

どこから来たの?

埼玉です。

埼玉の友達あんまいないなあ

・・・

休憩中?

ハイ

この後ちょっとお茶したいんだけど

??

ほらこの下にお茶売ってあるじゃん

(笑)

みんなで綾鷹パーティーしよっかなあって

(笑)

だめかな?

うなずく

そうかダメかあ

何その袋?りくーろー、爺さんの家??面白い店の名前だね

(笑)

綾鷹だめかー

・・・

じゃあさ、俺と、、ラインだけでも、、交換してくれますか?

笑いながら首を横に振る

だめ?

うなずく

俺のこと嫌い?

小さめにうなずく

おっけ!!!りょうかい!

(笑)

次はうまくやるよ←何言ってんだ

気を付けて帰るんだぞ

(笑)

バイバイ 手を振り返してくれたことに感謝!

反省点、すぐ話を切り替える

旅行の話から、目的、何を買ったのか、友達とかの関係性、とか話を深堀すべきであった。なんで大阪きたの?旅行は結構行くの?ひたすら静かにゆっくり飯食い寄るけど旅疲れ半端ないねとか、旅行を軸に話を広げられた。

またりくろー爺さんは、センスがあると思うので、何の店かチョコレートパン屋さんかなんかか、質問すべきだったし。分けてほしいりくろー爺さんのファンになりたいんだけど、とか言えば面白かったと思う。

反省点、相手の言葉やリアクションにしっかり反応する。

 今回は結構受けが良かったが、それに反応できていなかったことが多い。

表情や声のトーンを変えて、いややあとか、くううううとか顔面と声で反応したほうがコミュニケーションになっていただろう。

反省点、単純にバンゲ打診が速すぎですね

総括

人生初ナンパ、セミナーを終えて、懇親会で話をしたところ、ナンパ講師の方は多くの方が対人関係で学生時代、社会人生活とで悩みを抱えているケースがとても多いことに驚きました。

自分はなぜナンパをするのか考えさせられました。僕は出会いをみづから構築できる人間だからです。番号交換、連れ出しは、あくまで通過点であり、会話を楽しむ、楽しんでもらうことを主眼に置いたほうがいいと思いました。

基本的にナンパは

        ・質問すること

        ・ほめること

が大事だという話をされていました。

Line術についてや、これからのグループ活動での相談に乗ってくれたり、とても励みになりました。

僕は地蔵克服するためのマインドセットについて質問することが懇親会では多くなりました、失敗しても失敗だと思わない。失敗することが当たり前で、その失敗にある先のものを見ていくと将来立たされる立場が周りと違うことが分かってくる。

学生時代は失敗をする経験が少ないので、若いうちから失敗しておくといいと言われました。

何を失敗と考えるか、それが挑戦につながるといいます。最終的に死ななければいいので(笑)

実践ナンパでは立ち回りの動き方や、切り返し方、小物系ナンパのやり方を教えてもらいました。

ジェスチャーや喋りは落ち着いた声で聞こえるようにゆっくりめに話すこと

しっかりリアクションをとること

ガンシカは当たり前だということ

ナンパの楽しさ

をレクチャーしてもらいました。

すごく楽しめたので福岡でソロナンやっていきます。

地蔵克服は、周りに頑張っている初心者さんや、講師のアドバイスを受けるようにするとすんなりできますので、今はツイッターやブログなどでナンパ配信している人がいるので、一緒に近場でナンパしないかお願いするのもありですよ。

レッツナンパライフ!


野心とは?虚栄心との違い

お前はどうしたいんや今回?

あなたはは虚栄心か?
それは野心かどちらが強いだろうか?

虚栄心なら、貴様の想いはまやかしのナルシシズムだ

俺が抱いているのは野心か虚栄心か?
虚栄心は自分を偽る心だ、挑戦を望まず、自己防衛を産む。あきらめる。
野心は自分を偽らない心だ、望んで目的のために挑戦し、忍耐を育てる

劣等感は野心を育てるが虚栄心も育てる。

野球でミスった、俺のせいで試合に完敗した!

そう思ったとき悔しい、次は絶対活躍すると思うのか、もうこんな恥はかきたくないからとあきらめるからだ。

野心は屈辱をかみしめることを助けるのに大して、虚栄心は屈辱を避けようとする。

屈辱の味は野心があってこそ、味わうことができる。

野心というのは現状に満足していない
虚栄心は現状に妥協策を提案して満足している、そのなかでよく見せようとする。

野心は現在苦しい思いをしてても必ず上に這い上がろうとする、強い意志がある。
虚栄心を持つものは、現状苦しい思いをしていないのに自己愛からここではないと今の立場をふるいにかけて否定している。

野心はつらいことを当然のように試練と思うのであるが
虚栄心は君を頂点に立たせる妄想を抱かせ心地よくさせる。

やってもいないのに空想してニヤニヤしてしまう体験があるだろう。

それは悪いことではないが、虚栄心だけではその空想を実現する前に現実に叩きのめされてしまう。

これはオナニーと一緒だ。

ありもしないすぐに消え去っていく快楽を、瞬間で味わっては、捨てていく。

本当の快楽は、過ぎ去った後も心の奥でくすぶる。あの時はよかったと、苦労さえま感謝できるものだ。

虚栄心を持っていると今の苦しみは自分には不似合いだなと思って切り捨てていく。

虚栄心は自分をよく見せたいと思うため、ちょっと苦しい思いをするとすぐ放り投げる。

僕は野心だけを持つべきなのだというのではない

虚栄心も野心も多かれ少なかれ誰でも持っているものだからだ。

虚栄心は自分を守る砦だし、野心は大義をつかむために維持すると糧になる。

僕にはこれが相反するもののように思える。

野心を持って困難に取り組むも、苦労を慰め終わりにしないかと問いかけてくるのが虚栄心ではないだろうか。
魔が差すのはそういうことではないか、苦労してまで勝利の美酒を味わいたいと普通は思わなくて正解なんじゃないか。

プラスとマイナスの影響を相互に及ぼしあっている。

しかしこれらも内面の中でプラスとマイナスに転がりうるものだ。どちらが強いかでプラス寄りの野心家プラス寄りの虚栄心になるので
程度の差が影響力を決定する。

屈辱をかみしめたその先のどのくらい離れた場所に解決が待っているか分からないが、その解決という最高の絶品を正確に

評価するべきではないだろうか。

屈辱をかみしめなければ先に進めない以上成長は期待されない。

野心を持ち最高のディナーをのぞむのか、今の自分に甘んじたいのか?楽をとるか、楽しさをとるのか?
 

さあどっちですか。本当の気持ちで答えてください。

楽しいほうがいいに決まっている。だから今こんなに悩んでる、楽ばっかしてきたから、ここまで読んでくれたならわかる。

あなたの中には野心が芽生えているはずだ。