挑戦とは?あきらめないために考えるべきこと

主に学生あてに送る、挑戦とは困難なものごとに対して取り組むことだ。

同時に困難なことに出くわしたとき、見切りをつけることも大事ではある。

しかし、学生の間は時には自由が許されており、挑戦するには絶好な時期である。

挑戦を諦める理由というのは挑戦するほうがリスクがあると考えており、回避策をとるからであろう。

本当にそれがリスクなのかを考えると、どうにもならない時に、そのどうにもならないという認識も正確な判断ではないかもしれないと考えられえるようになる。

そのために思いだしてほしいことがある。

1、自分の中に必ず原因がある

うまくいかない理由は必ず自分にある。対人関係、仕事、スポーツ、恋愛、、、でうまくいかなかったとき必ず自分に原因があることを考える。

スポーツであんたが試合に出てミスったとき、そのミスの原因は自分の中にある。それは、練習不足であったり、気持ちの問題であったりする

。チームプレイで失敗したときは他責をしたくなるかもしれないが、失敗が起きないようにどう立ち回ればよかったのか考えれば相手のことを理解でき、相手に対しても、誤ることができ、相手も自分にも問題があったのだと考えてくれるだろう。

2、今はまだどん底ではないと考える

あなたが挑戦する、しかし失敗したとしよう、しかし、あなたは何も失っていないことに気づく、学生の間なら、それで信用を失っても、なめられようと、それは本当にどん底であろうか、他者と相対比較で自分が劣っていると考えており、自分がいらない人間だと思ってしまって存在意義を見失ってしまうことがある。

しかし、最終的には死なない。そこで孤独感を感じていようと、学生であるのであれば、今まで多くの支えてくれた方のおかげで自分がいるということを忘れてはいけない。

3、時が解決してくれる

物事には終わりがある、学校生活も、人生にも、長期休暇も必ず終わりがある。人生だけは、終わりあれど、やり直しができないものだ。人生という何十年のスパンの中で私たちは生きている。挑戦はその人生という線の中の点でやっていくものだ。もし点がだめになっても、新しい形で点を作ることができる。

今だけに目を向けるのではなく、それがあったから次はどう動くことができその先、どう自分を変化できるか考えてみよう。そうすることで、あの時失敗した自分を乗り越えていくことができるはずだ。

物事には終わりがある、学校生活も、人生にも、長期休暇も必ず終わりがある。

人生だけは、終わりあれど、やり直しができないものだ。人生という何十年のスパンの中で私たちは生きている。挑戦はその人生という線の中の点でやっていくものだ。

もし点がだめになっても、新しい形で点を作ることができる。今だけに目を向けるのではなく、それがあったから次はどう動くことができその先、どう自分を変化できるか考えてみよう。

そうすることで、あの時失敗した自分を乗り越えていくことができるはずだ。

4与えられたものに気づき感謝する

あなたが今挑戦することが許されている身なのであれば、とてもツイている。困難とは多くの分からないことに直面することを意味している。

のであれば、そこから多くの学びが得られるのは間違いないはずだ。

成功という形で学べることもあるかもしれないが失敗からのほうがより多き学びを得られることであろう。

挑戦が許されているいるだけで多くのことを与えてもらえることに感謝することである。もちろんそれはいい形で学べるわけで会ないかもしれない、現実からしっぺ返しを食らってつらい思いをすることがあることも多いだろう。

僕もナンパを初めて何度もシカとされることがありましたが、シカトを崩す方法は、何度もシカトされて、そのあとの切り返しを試しては無視されただけのことです。だから崩し方が分かります。

それがいい形であれ、悪い形であれ。挑戦をやめない限り多くの学びを得ることができます。その時間はかけがえのないものですし、親から、友人から、ネットから、いろんなところ機会をいただいていることはとてもありがたいことです。

5、物事は両側面から見る。ポジティブな見方をする。

挑戦することは素晴らしいかもしれないが、苦手を無理に克服するのはあんまりよくないです。自分の素を無理に変えようとすると、うまくいかないし、変化を望んでいない場合があります。人と話すことが苦手な人っていると思います。僕もそうです。無口な人がいきなり、友達が何百人もいるような人のまねをしても途方に暮れるでしょう。

無口でも成功している方もたくさんいらっしゃいます。物事を一側面で見ると、明るく、おしゃべりなほうがいいと思いがちです。しかし、みんなが同じようにそう動いていたら議論に終わりが見えないだろうし、話も脱線しがちになるでしょう。おとなしい人でも議論の内容を慎重に理解し、どこに問題があるのか指摘する立場になることができます。

話し上手にはなれないかもしれないけれど聞き上手になれるかもしれません。ないものねだりをするのではなく今あるものをどう伸ばしていくかを考えることで、自分のことをポジティブに受け入れて努力できます。

変わりたいと思うのであれば、自分を否定するのではなく、自分の短所と思われるものを長所にとらえ育てていく前向きな自己理解が必要です。

それが自分が自分であるということです。

6、すべての出来事が当たり前に起きていることではない

自分の中に起こることが必然であるかのような感覚があると、一貫的に物事を考えていきます。毎日失敗が続くとショックを受けますが、そのショックが当たり前になって怖くなることもあります。

でも、いつか打開策が見つかることを信じていてほしいです。今日が最悪なら明日がそれを最悪でなくしてくれます。

今起こっていることは必ずしも次も起こりうることばかりではありません。

7、挑戦しないと新しい自分と出会うことはできない。

挑戦をして挫折をしてもそれがあるからマインドが鍛えられて、成長することができます。

挑戦をしなければずっと自分の身の丈に合ったことしかしなくなります。

そうすれば成長はできません、挑戦する中で多くのことを学習し、今できていないことを修正してどこが足りないのか発見する作業はまるで研究者のようです。

未知なることに探求すること、そこから得た知識や経験は、あなたが生きていく中で武器になります。

8、失敗するのはむしろ当たり前であること

挑戦するときには、失敗はつきものです。成功は二の次程度に考えてください。 ベンチャー企業などは一年もすれば何個も事業をつぶします。

その中で残った1%だけがせいこうにつながったりします。どうせできないとあきらめるのはもったいないです。 まずはやってみる、これくらいで十分です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です