女性のラインの返信が遅い心理

女性のラインの返信が遅い心理

みなさん

こんばんは

最近女の子とライン交換してやり取りするようになったけど、連絡がなかなか来ない

すぐ返信されたらめっちゃうれしい、なんてことありますよね。

その女子を狙っているのであれば、返信が早く来ないと

あれ、もしかして自分に気がないのでは?と思ってしまいがちです。

返信が遅いと、脈なしだとして、諦めたほうがいいのでしょうか?

ありかなしかで言えば、助成とのラインはなしの可能性は高いですが、実のところはどうなのでしょうか?

1、仕事で忙しい

このパターンは多いです。一日おきで返信してくる人は仕事で忙しくて返信する余裕がない場合です。

仕事ですと、メールだとか、取引先とのやり取りなど、やることは多いものです。

そんな時はラインを見る暇などありません。

彼女たちも忙しいのです。

そんな時は大目に見てあげましょう。

2、返信に困っている

相手に返答が難しいメッセージを送っていないでしょうか?

例えば質問が一つのメッセージに何個もある場合には、返信に手間がかかってしまいますし、普通にめんどくさいです。

相手が答えやすいように軽く質問を短い文章で送ることが大事です。

質問にはオープンクエスチョンと、クローズドクエスチョンがあります。

最初にすべきはクローズドクエスチョンです。

相手に、はいかいいえで答えさせる質問のことを指します。

意識的言出来ないかたは、確認するということを意識してみてください。

相手が楽しんでいるのかどうか知りたかったら「この前の○○、○○で楽しかったね。」みたいな感じで相手がどう思うかを限して、質問すればいいのです。

オープンについては、なぜそう思うのか、など本質的な質問のことを言います。

ライン交換したばかりの時はまだお互いのことをよく知らないですから、よく知りたい気持ちもわかります。

しかし

相手は文章では軽いやり取りをしたいものです。

そういった質問ばかりしていると、この人重い~ってなってしまいます。

3、わざと焦らしている

相手が恋愛上級者だったら、わざと返信を遅らせて、男性に早く帰ってこないかなと返信を待たせて、好きにさせようとしているケースもあります。

そこまで、相手に対して、わざと返信を遅らせて返すという女性は多数派ではありません。

しかし、中にはそういう人もいます。

焦らすパターンとしては、返信がいままで早かったのに、遅い日を作って一日おきで返したりしてきます。

返信が遅いといっても毎日2、3日相手返すようだったら脈ありの可能性は低いです。

また、返信するのが単純に恥ずかしくて、返信が遅く照れ隠しの場合もあります。

4、そこまであなたに関心を持っていない

これは当たり前といえば当たり前ですがかなり多数派です。

もし相手があなたのことに興味津々であるならば、あなたに対して、積極的にかかわろうとするはずです。

そうすると必然的に相手のメッセージの返信は早くなるものです。

女性は人間関係を男性以上に重要視する傾向があります。

女友達や、本命の男、仕事の人など、たくさんの人たちとやり取りをしています。

自分が関心どれだけ持っているかに比例して、返信の優先順位を決めています。

返信が遅い場合にはあなたは結構優先度を低く見られている場合があります。

がっかりするかもしれませんが、メッセー問題があるというよりは、今までの女性との関係性が問題になってる場合が多いです。

5、ラインをあまりするタイプではない

男性にはあまりラインをしないタイプがいてもおかしくないでしょう。

女子の中にもラインがめんどくさくて、そもそもあまりやらない人もいます。

読んですぐ返信をする人もいますが、じっく考えてから返信する人もいて、その人によって返信の速さも違ってきます。

返信が遅くても、それはその人の感覚による場合もあります。

ただ、異性に関心がある女性は、返信が早くなりやすいです。

返信が来ないからと言って、嫌っているわけではない程で考えたほうがいいです。

6興味がないことを悟らせようとしてくる

女性はラインをしている中でも遠回しに察してほしいと思うものです。

ラインのやり取りをしたくない相手から連絡おくられると極力返信を遅らせようとしてきます。

よくあるのが何日か経って思い出したかのように返信が返ってくるという特徴があります。

しかも彼女らは自分たちが返信が遅くなってしまったことを謝罪することさえしないのです。

それは、あなたの好意に相手が気づいており、相手はあなたには興味がありませんと悟らせたいがために、あなたに贈る形のないメッセージであるからこそ、彼女は返信を遅くすることを当然だと思い、謝罪などないのです。

あなたに興味がありませんと言っているようなものです。

こうなってくるとどんなにラインを送ってもあまり効果はないでしょう。

リアルで接点があるのならそちらで仲良くやっていったほうがいいでしょうし、ラインをするのは諦めたほうがいいのかもしれません。

7、相手が何で返信が遅いのか判別しよう。

女性とお付き合いするうえで、ラインでのやり取りは必須です。

だからこそ、その女性が自分に対してどう思っているんかというのは、ラインなどを通して察していくことは大切なことです。

今回は女性が返信が遅くなる心理を紹介しました。

返信が遅い、という事実だけとっても全く別の心理が働いているということが分かります。

しかし、返信が遅いというのは、いい兆候ではありません。

女性は好きになった男性とは多く連絡を取りたいと思っているからです。

返信の遅さはあなたにあまり興味を持っていないことを示している場合がほとんどです。

その女性を追い求めるのも無謀な挑戦かどうかは、以上の心理のうちどれに当てはまるか観察して決めていくといいでしょう。

大切なのは気長に待つ余裕と相手に返信されやすいようなラインを送ることです。

まちがっても、返信が来ないからと言って、イライラして、追撃ラインを何通も送るなんてことはやめましょう。

クラブナンパ初心者がお持ち帰りするための心得

クラブナンパ初心者がお持ち帰りするための心得


こんばんは、皆さんナンパしていますか?

そして無事童貞の方は卒業されているでしょうか?

まだ卒業していないあなたも、大丈夫です。

ナンパはナンパでも、ストリートナンパはお持ち帰りはかなり難しいですが

クラブナンパなら難易度が確実に下がります。

それは実に簡単で

酔っぱらった、強制的にエロくなっている女の子がたくさんいるからです。

初めての方でもお持ち帰りする方法とは何でしょうか?

私はクラブ二回目で女の子をお持ち帰りました。

1、まずは声をかける

クラブで声をかける場合どんな人に声を掛けたらいいでしょうか?


結論から言うとクラブになれてなさそうな女の子です。


彼女らの特徴としては、

あまり踊らない、フロアの後ろのほうにいる服装が結構普通

などの特徴があげられます。

一方慣れている女性はというと、

クラブで男友達も多ければ踊り台でずっと踊っている人

露出度が高く、ノリノリなお姉さん

のことを指します。そもそも音楽好きで来ているパターンも多いです。

踊りなれていそうな写真のような人は、ナンパの対処もうまいので、初心者には難しいです。

反応が悪い子には見切りをつけたほうがいいです。

女性の反応からも 向こうから

質問してこないうざがられている。無視など

はあまりいい反応ではありません。

向こうから積極的に話しかけてくる場合はかなり、食いつきがよく、話が盛り上がってお持ち帰りがしやすいです。相手の反応を確認しながら見切りをつけていきましょう。

2、ナンパよりクラブナンパのほうがお持ち帰りやすい理由。
 

クラブにいる人ってどんな人?


基本的にクラブに来ている女性はお持ち帰りやすいです。

深夜の爆音の中の暗闇の中で、お酒で寄っていて冷静な判断ができなくなっています。


彼女らとて、クラブには男がたくさんいて、かなり近距離で接することも承知のうちです。

ということはつまり、

男性との接触に関して抵抗がない、

または、期待している人が多いです。


クラブにはギャルばっかりが来ると思ってる方も多くいますが、清楚ないかにも普通な女の子も混じっています。

連れできてたりとかしている人も多いです。

タイプの女の子も一人や二人います。

このことをふまえると、ストリートナンパより女の子の食いつきがまるで違います。

深夜なので電車もないですよね。だったら今晩どっかで泊まろうってことになりやすいですよね

そうするとホテルに行こうってなりやすいじゃないですか。

クラブに通っている女の子は心のどこかで男性からちやほやされたいと思っています。お持ち帰りやすさはナンパの中でもダントツやりやすいです。


3、お酒が入る時間帯

クラブに入って、ナンパを成功させるためには何時が最適なのでしょうか。

22:00~24:00  焦る段階ではない

まだ全然焦ることもありません、この時間帯はまだ客もまちまちで、お酒も入れていない客が多いので、本腰を入れて声をかける
時間帯ではありません。声をかけるのもいいですが、かけすぎると、あとあとウザがられますのでご注意ください。

24:00~2:00 ここ全盛期、

クラブの曲も最高に盛り上がる時です。お客さんもどんどん入ってきて、倍くらいには増えます。みんなお酒を入れてテンションが上がり
頭がおかしくなりだす時間です、

先に来て踊っていた人は、疲れも見えてきますし、チャンスはこの時です。

2:00~4:00 朝の電車で帰りなさい

ここから酔いも士気も下がっていく一方です。お持ち帰りできる女性は、もう既にほかの男たちに持って帰られています。

残っているのはガードの堅い女性たちか、男性から人気がなかった女性たちだけになります。平日だと予定もあると思います。ホテルでの時間もそこまで残ってはいません。

始発の電車で帰ったほうがいいかもしれません。

4、最初の声掛け


声掛けの方法ですが、ここはあまりこだわらないほうがいいかもしれません。

クラブはうるさいので、そんなに会話も耳に入ってきませんし、何言っても大丈夫です。

しかし、面白いに越したことはありません。褒めるところはほめちぎりましょう。

クラブの女の子は、ナンパ箱の場合にはたくさんの男性から声をかけられることが多いでしょう。

どんな場面においても女性はお持ちかえられるときは

一人の男性を選ぶことには変わりありません。

当然ほかの男と差別化できないと自分が当選することはありません。選挙でも、いかに自分が社会に役立つ存在であるか、政権公約を立てます。

男も同じです。ルックス、おもろさ、頼りがい、におい、エロさ、と女性から求められるものがありますよね。

それを女性にアピールして票を得るのです。
クラブの場合には、ワンナイトを狙うので、一番重要な性格的な部分が比較的重要視されませんし、一日限りなので、頼りがいもあると思わせることも
そんなに難しいことではありません。

どうすればいいんだろうと聞くんじゃなくて、こっちに行くんで間違えないんだよ見たいな強気なノリでリードできれば十分です。

声掛けですが、これが一番重要です。

女の子たちは「いくつー?」会話の展開がない

「クラブは初めて―?」クラブ慣れしてるか確認しているだけ

「どこから来たの?」悪くはないけど知ったからなんだというのか

「一緒に飲まない?」いきなりかよw


このように同じ男性がいいそうな言葉を使っても意味はありません。

とりあえず話かけとこうというガッツキが出てるんですよね。

意外性を追求した第一声を心がけてみてください。

お姉さん、ちょいまって、このクラブの中で一番タイプなんだけどw」「ちょっといい?結婚しようぜ!」

「単純にずっと気になってた」

「飯食ってるか?」

「いま、心臓の鼓動が早くなってるやろ?お酒飲んでさ」

「おっす、元気?ご無沙汰でーす」

ちょっと変化球を入れたフレーズを使ってみましょう。
女性を飽きさせなければお持ち帰りも簡単になります。

5、お持ち帰りをする際には口実を作ってあげる。

女の子といえども、エッチしようと言って、

「はい!

と答えてくれるほど、簡単じゃないでしょう。

世間体を誰よりも気にする女子であるからこそ、エッチするのは友達にも批判を受けるかもしれないし、この人とエッチするなんてとプライドがゆるせない
時だってあるでしょう。

基本的に自分の選択によって、自分の価値を下げるようなことをしたくないものです。

そういう時に男がすべきこと、それは理由を作ってあげることです

今日は終電がないから、ホテル行くか―、とかいうのも典型的な口実づくりの一つです。

友達がいる場合には、友達には、ほかの男といい感じだったし、いつでも連絡取れるんなら、別に今日くらい何にも言われないと思うよーとか女性にとって
ネックになる事実(世間体)を排除する理由を作ればいいのです。

お持ち帰りは理由対でやりましょう

6、クラブで一番大切なのは余裕


これは自分が肌で感じたことです。僕はお持ち帰りできるナンパ師を見ていましたが、ほかの男と違って圧倒的な余裕を感じました。

クラブは口説いているとほかの男も来るのですが、彼はあえて、彼女から手を放してほかの男のほうへリリースしていました。

彼から聞くと、「そこで女の子が戻ってきたら俺に気があるかわかる」と言っていましたが、まじで余裕ないとできない発言だと思います。

余裕のない男なら自分の意中の女性がほかの男に行くとなると独占しようとしますし、

がつがつ仕掛けようとします。

それは取られるかもしれないという
不安が多少働いているのです。

そういう余裕のなさは女性にすぐ感じとられます。

特に初心者さんの場合にはそれが顕著に見て取れます。

7、余裕を出すためには


一番なのは童貞の焦りから解放されることになるのですが、

童貞スタートの場合にはそれができません。

だからもう現実を受け入れる感じの慣れ必要です。
そのためにはクラブに通い詰めることや、ナンパを続けること、会話量を増やして、いい反応、悪い反応のデータを集めておくことです。

なれてくれば、失敗を恐れなくなりますから、色んな女性と話せるようになり、お持ち帰りも近くなります。

それは余裕に変わります。
クラブに通い詰めれば、流れる曲、客の立ち回り、位置関係、客層と様々なものが見えるようになってきて動きやすくなっていきます。

回数を重ねていくごとに、あなたは確実にお持ち帰りに近づいていくでしょう。

大学でナンパ軍団の勧誘をしていたら、仲間ができた話。

大学でナンパ軍団の勧誘をしていたら、仲間ができた話。

1、何か始めようと思った大学三年

二年の春休み僕はサークル活動をやめた、理由は別に楽しくないわけでも、嫌いな人間がいたわけではなかった。

割と人間関係は自由だったと思う。
それでもやめたのは、

大学生のうちに自分で成果をつかんで自分の自信にしていきたいという野心があったからだ。

部活でも自信がつくと思ったりしたが、

全然だった。

演劇をやっていたのだが、しっかり計画して準備していけば、失敗することもなかった。

褒められることはしてこなかったし、何ならダメ出しが多かったくらい

すべてが無難だった。


難なくやれてしまうからこそ、やってること自体は退屈だった。

自信が付くほど努力もできず、チャレンジするにもいろんな制約もあった。

お金もサークルで飛んでいくのでこのままでは時間を無駄にしてしまうことが分かったからこそ

やめることを決意した。

そうして僕は大学三年にしてフリーになった。

願いは

 脱コミュ障害

 自信がつく

 楽しく

 欲に素直に

 女から求められる男になりたい

 

それに近づけるようなサークル活動をしたかった。

そして、ナンパサークルを立ち上げようと思った。

2、一人でビラ百枚配る、サークル勧誘

待ちに待ったサークル勧誘、

自分でビラを作成し、100枚印刷してから、新入生にビラを配る。

ビラを作った。文字多し。

こんな感じで勧誘した。


会話開始

こんにちはー

新入生の方ですか?

はいそうです。

突然ですがサークル説明する前に

あなたはどんな大学生活を送りたいですか?

楽しい学校生活です。

もっと詳しく教えてくれませんか?

友達がたくさんほしいです。

確かに大事ですねー

なら、コミュ力大事ですねー?

はい

そこでご紹介させていただくのがナンパサークルなんですよね。

チラシを見せる。

えっww

ナンパっす。

先輩、バカなんですか?

さよう

しかしナンパもバカにはならん。恥を捨てバカをやる度胸、そしてあきらめない心、そこで身につく本物のトークに対する自信
すべてが手に入るよ。

なるほど・・

まあ兼部も可能だし。毎回自由参加だから、興味あったらこの紙の下にあるqrでライン登録して!遊びに来て!

会話終了。

てな感じでビラを配る。

大体80%このやり方でもらってくれるw

ビラが予想以上に受けていたようだ。

しかし、勧誘しているとほかのサークルもしようと混ざってくる。

そして当然俺のビラも見てもらう。

そちらの反応もまあまあいい。

しかし、後々発覚したことだが

童貞キャッチコピーは人を傷つけてしまうんじゃないか

というまっとうな新入生の意見をいただき、

修正することになった

入部はしないが

応援しています!!先輩!

と逆に新入生から励まされることも少なくなかった。

新入生は何かと入るサークルを絞ろうとしている人も多いがそれではもったいない。

忙しくなるからといっても、入れるところには入ったほうがいい。

なんでかっていうと、サークル勧誘だけでは、サークルの全体像や、闇を理解しかねるからだ、どんなものごとにも、隠したい側面があるのだ。

楽しい、初心者大歓迎、無料の新歓コンパなどサークル活動とはほとんど無関係なプレゼントを彼らは提供する。

彼らもサークルの存続がかかっている。

サービス精神全開でやっているのだ。

3、ほかのサークルと一線を画したナンパサークル

、ほかのサークルと一線を画したナンパサークル

ほかのサークルの特徴として挙げられるのが、ずばり団体行動

それに対して僕が作ったサークルは個人行動だ。

俺はオオカミになれと、

彼らにナンパというものの存在を紹介する。

恥は書いて当たり前というマインドで、道端の女性に声をかける。

ガンしかされようが、仲良くなろうが

全てが自分の責任だ。

言い換えるなら

孤独な狩りに近い

究極の男磨き、取り組んでいる価値は十分あり差別化はできていたように思う。

4、実際ナンパしてって言われ困惑する

確かにあなたは面白いことをしている。

けれど実際のところ実力はどうなのか?

そういうむちゃぶりな質問をしてくる。

輩がいるう!

正直きつい。

駆け出しナンパ師だぞ、俺は、、、それに

学校ナンパはかなり失敗しやすい。

状況から考えても、できてもバンゲ交換が精いっぱいだ、最初に声をかけたときに最初に彼女が思うのが

ああ、サークル勧誘か

ノリもいまいちである。

そこから連絡交換してって聞くと、

明らかに裏切った感じがしてこないか?

実際僕は、新入生の無茶ぶりに合わせて、声をかけに行ったが、5ペア中ガンシカは0だった。

しかしそれは、別に知りたくもなかった、これから起こるであろう大学生活の話だったり、出身、恋愛の話。

そういう話には乗ってくれてはいるが、彼女たちはあくまで聞き手でいようとするのだ。

彼女らにそもそも自己開示する場でないのは、

サークル勧誘を経験して、いろいろな話を聞きに来るという目的があるからだ。

彼女らはぬくもりを欲しているのではなく、情報を欲しているのだ。

何度もしつこく勧誘されていると、彼女らも身構えてしまう。

それはナンパのように突如としてではなく、何度も何度もである。

そうするとどうなるのか

飽きるのだ。

なるべく手短にしてもらえるかと、表情からも見て取られる。

俺は声掛けをするがなかなか和みに至らず、リリースする。

僕の散り際僕は彼らに勇気を与えられたであろうか。

まあ、でも

あの場面でよく声をかけられたなと、始めたての頃は地蔵するしかなかったのに

成長してたんやなって感じることができた。

5、ナンパ仲間との遭遇

ビラはそうこうしている間に残り20枚に差し掛かった。

僕はもう勧誘する場所を選ばなくなっていった。

うちの学校は大きな通りがあって、そこに公認サークルが密集している。もちろんサークル勧誘の紹介係がいる。

監視しているのか、さぼっているのか

ただそこで見回りしているだけだったので、僕は監視員かなんかと警戒していた。

世間的に俺よくないことをしているよな。

そんな中僕は大きな通りの真ん中を歩き、新入生に対して、勧誘をする。

空を見上げると桜並木を挟んで太陽が真ん中に祭壇のともしびのように輝いていた。

散りゆく桜がナンパで撃沈した記憶を呼び起こす。

何度か新入生を止めて勧誘していると。

途中で公認サークルの大学生に「なんなんあいつ」「女子に上杉やろw」

とか言われてしまい。

少し寂しい気持ちになった。

それでもやっていくと新入生の反応が良かったので、続けられる。

新入生5人に声をかけた。

それが彼との出会いだった

彼は、身長は175cmくらい。

頭に黒いバンダナをまき、茶がみを上品にまとめた、カーキ色のブルゾンに花柄の白いロングスカートがよく似合う
女友達を連れて。

くそかわいい。うらやまし

彼はおそらく、普通の大学生とは違う、そんなオーラが出ていた。

落ち着いた黒のコートに丸首の生地のよさそうなシャツに、ブレスレットをうるさくなく着用していた。

ファッション的な面を見ても、彼の雰囲気はどこか違う。

「ナンパを通して、コミュニケーション能力を上げ、常に女性を喜ばせるトークをする努力を怠らない、そうする中で自信をつけ、社会に出てそのスキルを役立てていく。それが僕のサークルの目指すべきゴールです。」

彼は、落ち着いた声で、

「じゃあ、俺が求めるものとは違うかな。」そのあと彼は少しはにかんだ。

イケメンだった。

かれはもう一つ僕にアドバイスした。全て知っているようだった。

「確かに、ナンパサークルは、実践的で、生徒に勇気を与えられるかもしれないね。でも新入生は普通はいるのためらうと思うよ。」

彼はそういって。チラシを受けとった。その日が暮れないうちに彼から連絡が来た。

「今日公園来れる?ナンパ見たい。」

「分かりました。19:00集合にしましょう。」

会うことが決まった。

彼のスト高はかなり高い。なんなら哀川翔に似ている。少しビビった。

彼とカフェで会うと、なんでナンパしているのか?友達はいるのか?企業を考えてはいないか?いろいろ根掘り葉掘り聞かれた。

それから彼とはすぐに意気投合してしまう。

彼と僕に共通していることといえば、我の強さ、女欲といったところか。

それから彼らにナンパを見せてから、初めてバンゲ交換に成功する。

彼らとナンパしていると、本当に心が軽くなるのを感じる。

何があってもそのあとの話を共有できると確信できるこそ

それが、自分自信のむなしさを減らしてくれたのであろう。

彼は本当にやさしく本当にモテる男なのだろうと思った。

彼と行けば俺もうまくなるのかなとも未来に期待できた。

連絡先を交換した女の子がチャラ男にナンパされたときに、

「助けに行けよw」

少し小ばかにしてそういったのは

彼だった。

自分は「その女に手を出すな」とかいう立場の人間ではなかったので。

「ちょっと腕相撲しようぜと」いって、なぞがらみをして、チャラナンパ師を撃退した。

彼女は喜んでくれたかどうかはわからないが、それがあったからか、今でも連絡は続いている。

あの一言がなければ死番は確定していただろうに。

結局その日のナンパの一番の成果は彼の発言に助けられた。

彼には感謝と尊敬をその日のうちに持ってしまった。

6,発信すれば出会いが生まれる

発信すれば出会いが生まれる

自分が駆け出しナンパ師であっても、ナンパができる人とつながりあうことはできる。

彼らは、実力だけではなく、思いにも共感を示してくれる。

だからこそ、自分の熱意がそこにあるかどうか、それが彼との出会いを結び付けたのだと推測している。

彼との出会いは僕のナンパの過程において、一つの転換点になると思っている。

サークルは結局三人しか集まらなかったが、それ以上に、いろんな人に元気をもらい、ステイな出会いにも巡り合えた。

ナンパは最終的に一人でできないといけないと思う。

いつだって人とかかわるときは自分の意思で選択しないといけないからだ。

そのためにはいろんな試練を仲間と共有できたほうが成長を感じられる。

諦めずこれからもナンパしよう。

男女ともに素敵な出会いがあると信じて。

いまソロナンしている駆け出しナンパ師にいう。

突き進めば仲間はできるよ。