連れ出しが成功できた、初めての日

こんにちは

今日はなんと

バンゲ交換せずに

そのまま連れ出しに行けました。

彼女が暇だったというのもあるのですが、うまく一緒にお店回ってお酒を飲むまで行くことができました。

振り返ってみることにします。

最終的にスマホを持ってきていないというやらかしをしてしまったので、バンゲ交換できなかった。

idは聞いたのですが、多分検索で入れてみてもヒットしなかった。

おそらく嘘を教えられたのであろうか、嘘を教えているんじゃないのかと聞いたら、ほんとだよと返答されたが事実は全く違ったようだ。

もしかしたら検索しても引っかからないように設定されているのかもしれない。

それがとても残念でならない。

あまりかわいくはなかったけど、話していてとてもいいなって思った女の子だった、初めて連れ出しに成功して浮足立っている非モテマインドがそうさせるのかもしれない。

和みは圧倒的に足りていなかったと思う。

名前をきかれて向こうから名乗ったが、それもそれで偽名である顔しれない

と連絡先を交換できなかったくらいでいろいろ悲観視してしまっている。

もう会えないのかと思うと寂しいがそれがナンパの醍醐味だと思う。

声掛けはいつものように褒めからはいってみた。

こんにちは、夕日が似合いますね。黄昏てました?

いいえ。いま行く当てがないんですよー

迷子ですか?

いえw違います。

友達の家に来たんですけど、友達が仕事で日中はいないから、海に来たんです。

駅から降りてきたんですか?

そうです。

めっちゃ歩いてるやん

歩くの好きなんで

じゃあまだ歩ける?

歩けます。

どこから来たの?

長崎です。

魚うまいところやん、何がうまいっけ?

フグですね

おーうまそう。

なんて割と何気ない会話で、ビールまで行けたわけですが、

結構聞いたら答えてくれる子で、ときどき自分の弱さ、主に容姿などあまり優れていないことを打ち明けてくれたし、結構和んできたこともあった。

そういった場合には、褒めつつ、相手を受容することをしてきた。

服装はパーカーに白いロングスカートが似合うかわいらしい人だった。

もう会えないことが分かっているので、もう気にしないようにする。

今日もナンパ行くぞー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です