なんでもない会話は、まずは受け止めることから始めよう

こんばんは。私がホストの接客での反省を次に生かし、コミュ障を克服して行くために気づいたことがあれば記事にしてみようと思います。

人に偉そうにアドバイスするわけではなく、自分の失敗を自省し、あわよくば同じ失敗で停滞している人がこのブログを見て、改善につないでいってほしいと

いう淡い下心も残しつつ

いきましょう。

目次

・卓での会話を録音し、自分の会話の下手なとこ理解してろ、相手の話のいいところを分析してみることにした。
・発見したこと
  ・話の趣旨を理解できていない
  ・知識の話が多い
 

話の趣旨をを理解するためには?

改善点
 ・相手が話していることを理解することから務めてみる。


1、卓での会話を録音し、自分の会話の下手なとこ理解してろ、相手の話のいいところを分析してみることにした。

私自身が、会話に支障が出ているということには自覚しつつも、どういう風に支障が出ているのか

ということに関しては全く反省することがなかったので、

バイト先での会話を録音して

後で振り返り

自分のコミュ力がどれほどかを俯瞰してみることにしました。

その会話を書き起こしてみて、どこがよくて、どこが悪かったのかというところを見ていきました。

2、発見したこと
  

・話の趣旨を理解できていない

まず初めに僕は結構話の流れを理解できていないことが多いです

単純に会話の流れを理解する速度が人より遅れているとみることもできるし、会話以外のことを考えすぎて、連想する話題が変になっちゃうことが多いんですよね。
      

例えばこんな感じ
 

a セブンに野菜スティックあるやん 俺あれ塩で食うねん
a 俺、塩が好きやねん。
a 味噌汁あるやん。あれも塩でいい。
b とんかつとかはどうするんですか?
a オーロラソースみたいなのかける。
c マヨネーズと合わせるとうまいですよ。
aとんかつとマヨネーズうまいん?
c うまいっすよ。
a てか、かけていいって言ったらみんなかける気満々やん
b,cん?どういうこと?
a レモン汁とか、かけていいって言っとるときにもう絞っとるのなんやねんって思う(笑)
c おおお~なんだか、いろんな食べ物がイメージに出てきて、おなかがすいてきました←
はい??【一同】

最後のセリフに注目してみましょう。

この文章、何のはなしでもり上がっているかわかりますよね?

はい。

食べ物に、つける調味料の話ですよね。
何に、何をつけて食べるかとか、

マヨネーズか、ケチャップがどっちがいいかとかいう話が好まれますよね。

別にどっちかとか決めなくても普段この食べ物にはこれを使うっていう図式があって、図式に基づいて
情報交換していると見えます。

しかしね、、、

最後の発言は会話の流れに逆らう岩石のごとく、会話をぶち壊しています。

「いろんな食べ物がイメージに出てきて、おなかがすいてきました」

いきなりおなかがすいたって、知らんがな!!

話本当にきいてる??って思いますよね。

会話の中で、キャラクターとか、個性とか重要だとは思うんですよ。

でもそれが表現できるのはあくまで、会話の流れの中でだけなんですよね。

そして、話す内容はその人が何が好きで何が嫌いかという

価値観だ。

着目すべきは話題に対して自分が優先していることと相手の優先していることを照らし合わせること。

だから、

ここでの正解は話にあわせにいくこと。

レモン汁をかけるという

セリフに対して合わせていく。

「実はあれ、もともとレモン汁かかっていますよ。居酒屋のバイトしているとき唐揚げ作るときはあらかじめレモン汁かけて、追加でレモンおいて提供するんです。」

という話であれば、

「もうすでにかかっとるとか、選択権がレモン味濃くするしかないやんけ!!」

ってaは関西弁で突っ込んで話が進むし、確かにって思ってた人も、実はそうだったんだなって気づける。

これが会話の基本なんだと思います。

・知識の話ばかりしている

これも多いと思います。

自分の勉強している分野になるとやたら知識を語りたくなくなる場面が会話には訪れます。

自己肯定感が低いばかりに、得意なことをアピールして優越に浸ろうとしている心理が働いて

気づいたら言っちゃうってことがあります。

このような場合、本人の会話の目的はいかに優位性を示すことに傾倒しており、話に合わせて、

おもろさを追求するよりも、賢さを示そうとしています。

私って賢いって言いたいだけです。

そうすることで会話の主眼である、話の流れに頭だけがついて行って体がついて行っていない状態になっています。

お互いが登場人物として価値観を伝え合うのが会話です。

ここでは会話に参加しているようにはどうも思えないんですよね。

これって僕だけですかね??

例えばこんな会話です。

d彼は、オナニー2週間我慢するらしい。
bでもさー健康的の出ださないといかないって言わない?
aそうやで
dそうです
男らしくなるホルモンが七日で出るらしいです。
あれ七日を上がると下がります、濃度が、
その効果はなくなるんですけど、自制心的な意味で

dこないだの話っていい?

cの発言には実は問題点が2つあります。

今回は話の内容には乗れているのですが、

1、少し専門的になりすぎている
2、何が言いたいのかわからない

というところに尽きる。

ある人あオナニーが健康にいいと言ってるのに対して

「健康にいいのはいいけど、一週間ごとにオナニーをやるのがベストらしい
なぜかっていうと、一週間おな禁すれば、テストステロンというホルモンの分泌が高くなるからだ、そのホルモンには
体調をよくする効果が含まれているんだよ。」

ていうことが言いたいんですよね。

主語述語が明確ではないので、ほんとにわかりにくい

あと、できれば科学的なエビデンスを重視するよりも、みんなが知ってそうな根拠で話すほうが、女の子相手にはいいかもしれない。

ん?テストステロン?ホルモン???ってならないように。

cの主張は嫌いではないですが、もっとくだらない感じで、議論するほうが楽しい。

自分なりの根拠を 加えたほうが時には生産的な話になる。それが本当かどうかは別として、、、

共感できたほうが、正しくなくてもいい気がするのだ。

話の趣旨を理解するためには。

まあ、adhdとか、自閉症とか、鬱とかいろいろなパターンがあると思うのですが、それ以外の原因を考えてみることにしました。

それは、聞く準備ができていないということです。

ついつい無意識のうちに、会話を身構えてしまっているように思えるのです。

リラックスするのがいいですね。

どうやってリラックスするかはまだ、未確定なのですが、瞑想を通して、落ち着きを取り戻したり

不安という感情と付き合っていことにします。

僕の場合、話さないと相手にされないという観念が小学校のころに形成されており、コンプレックスもあって

もしかしていじめられるんじゃね??とかいつも思ってたような気がします。

だから、自分を守るために相手をまくしたてるように話していたと思います。

幸い、それを面白いよと言ってくれる友達が小学校の時にはいました。

僕はその人に日常の話をべらべら話していました。その友達は笑ってくれていたような気がします。

そんなこともあってかクラスではお笑い芸人になりそうな人ランキング3位になっていました。

その時は名誉なことだと思って、面白さが認められたと有頂天になりました。

何の関係があるのって話ですけど、僕は一回我に返る時期があるのです。

俺って回り、見えてなくね・・・
うるさいだけじゃね、、自分って思うようになりました。

その時から、僕は何かが足りないんだよと思うようになったんです。

愚痴もたくさん友人に話したりしていたと思いますし、今日こういうことがあったんだぜ

って簡単な世間話ができているようにも見えます。

「笑わせることが」価値だったあの時の自分の望みは、実は「最も分かりあう」ことを遠ざけていたのでしょう。

確かに僕はその形で価値を提供していたのかもしれません、

しかし思春期に入った私は

とにかく、こころを通わせたいときれいなことをいいつつ

愛されたいということを欲するのでした。

楽しいという感情ばかりを表現してばかりで、寂しさと悲しさもありました。

分かり合えない自分はダメなのかなと思ったこともあります。

しかし、どうやら寂しさを抱えているひとは多くいます。

そんな時、どうにかするのか、どうにかしてほしいのかで、僕は周りに助けてもらう選択をしました。

それはある意味正解で間違いです。

周りからアドバイスもらっても本人がそれを消化できるかどうかは、本人の信念次第だし、

絶対変われるし、変える、という覚悟ができていれば、考えるべきことは決められるはずです。

無理かもと思うと、すぐ揺らいでしまうのが人間の性です。

しなければならないといって焦らず、かといってもう無理と言ってあきらめず、変えてはやるけどまあもうちょい時間かかるよな!

程度に考えるとちょっと楽になりました。

3、改善すべきこと

改善するためにやることは

1、まず何を話しているのか理解することに集中してみる。
2、概念の話をするのではなく、自分が登場人物になって経験を交えた知見を話す。
3、おもんなくても、ありか、なしかの、自分の意見を持つこと。
この三点が重要かなと思っています。

1、まずは話を理解することから始めることです。
なんて話すかじゃなくて、「今どんな話の流れかな?」ということを考える癖をつけること。
これができればあとは意外と簡単だ。
会話は趣旨をずらしながら別の話題に飛んでいったりする。
俺の場合は、自分の中で話をしすぎて、その場に求められていないものを投げ込んでいる。


カレーを作ろうとしているのに、なぜか自分はシチューを作りたくてカレーの中にぶっこむ。


そしたらいまカレーのレシピ作ってんだよって怒られちゃう。


会話には切り替えがあり、

当然カレーの話にとどまらずそこからニンジンを取り出してそれが、野菜炒めになる材料になったりするようなものだろう。

いつ会話を切り替えるのがいいか頃合いを見極めるのはレベルが高い、まだ勉強が必要だ。

あとは自分の体験談を用いて、いろんな意見を交えてみればいい。
それが話せないということは、話題自体が、あまり経験に基づいていなくて、話せる量が自然に少なっているケースは多い。

大人の話は大学生にはなかなかついていけず、聞くのが精いっぱいであることもある。

そういうことは全く恥ずかしがるべきものではないと思う。
相手の経験を聞いて自分も話のネタが欲しくて始めたら案外面白かったということも多いだろう。

事あ人なのか、重視すべきものでモチベーションがあがるきっかけがかわることもある。

お互いをわかってもらえる、共感が欲しいという動機から、話のネタを探すのもいいと思うし。

俺はこれを極めると貫いて博士レベルに詳しくなるのもいいだろう。
しかし、ほとんどの人は共通点をどこかしか持っているもので、そこにボールを放り込むのがいい。


相手の話を理解したうえで、この話はあまりついていけるものではないから今は聞き手に徹しよう。

その遠慮は何も恥ずべきものではない。


むしろ学ばせてもらえるという気持ちで好奇心を持って、理解を徹することが一番だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です