思ったことを書いてみる

思ったことを書いてみる

  1. 目次
    1. 1,ナンパ師との出会い
    2. 2,彼と出会い、そして、立ち飲み屋で飲んだ。
    3. 3,その時のナンパは楽しくなかった
    4. 4,見えてきたもの

1、ナンパ師との出会い

僕は今日挫折を味わった。 今日はとあるナンパ師と一緒に、ナンパに出かけた。 彼を一言で言い表すのであれば、優秀で、トーク力にも優れ、誰よりも努力していた。自分のことを話さなくても、勝手に周りから興味を持たれるような不思議な人だった。 今回の体験を一言で言い表すならば、 苦しい。 あるナンパ師のアシストによって、僕は、二人の女性と、クラブに行くことができた。 それはとてもありがたいことでたくさん学びがあったと思う。 彼のいうことには、行動が足りないということだ。かれは高校生の時に起業していて、たまたまうまくいって、いま何万円も稼いでいるそう。 はっきり言って化け物だと思う。 彼のいうことには、行動が足りないということだ。かれは高校生の時に起業していて、たまたまうまくいって、いま何万円も稼いでいるそう。 彼は、いつでもナンパできるはずなのに、今日は、わざわざしたくない夜まで、残ってくれていた。 最後まで、人との会話を楽しんでいて、誰とでも仲良くできてそれでいて聞き上手だ。 彼の発言を振り返ってみると、それはテクニックではなく、本当に誰かに人間に感謝できる人間だと思った。 小手先の能力ではなく、色んな経験を積んできていて、彼は、乗り越えてきたんドと思う。

2、彼と出会い、そして、立ち飲み屋で飲んだ。

僕はナンパ講師の彼と、立ち飲み屋さんで、最初にコンタクトをとった。 彼が最初に僕にした提案内容は、 1、僕と仲良くなって友達となること 2、連れ出しを成功させる 3.忘れた。 本題に入ると、自分自身のpナンパに入る万台の話だ。 彼とはナンパの立ち飲みでは、色んな悩みを話した。 うまく人と話せないことや、他人の目線が気になること、 人の目が気になると。 おれはけっきょくだれともやれおれはけっきょくだれともやれなかった。 パリピともお前はノリ悪い奴だよという意見を遠回しにもらった、彼らは本当に俺を交えて童貞を卒業させようとしていた、ナンパ師さんだってそうだと思う。 でも俺自身は本当に童貞を捨てたいと思っているのだろうか 話してみれば、彼女も普通の人間だということが分かった。全然悪口も言わないし、おそらく二度と会うことがなくとも、 確かにやさしい、頼さんが圧倒的なだけだった、彼は誰とでも話に行くことができていた。 あれにはなれないと一緒にいるといつも思ってしまう。 思ったら彼のナンパ歴は何年だ、彼は17年ナンパをやっているんだぜ。 それはわかる、どう考えてもうまいに決まっている。 でも自分は17年ナンパをやっていうという壮絶なバックグラウンド、お持ち帰れなかった、うまく話ができなかった、バカにされた、などという経験を一切ないようにして、 確かにやさしい、頼さんが圧倒的なだけだった、彼は誰とでも話に行くことができていた。正直頭いいんじゃないかって思う。 まったくまとまっていないとまったくまとまっていないと覆う。

3,その時のナンパは楽しくなかった

おれは、結論としてナンパは向いていないとか、そういう指摘を受けたわけではないのけれど、ナンパを楽しんでいないと思う。 何もかもが楽しくなくなった、世界が本当に暗黒でどこにも抜け道がないような絶望感に、身を打ちひしがれ、それでも何もできず、なおも立ち上がろうとする。 ぼくはそれがともかくつらくて、その暗闇から抜け出したいのに、抜け出せないのだ。 誰から手を引っ張られようとだれから熱量をもらても、僕はこの暗闇から一向に差し込む光から出口を見つけて、抜け出す糸口に全く希望を見出さないのだ。 もっぱらただいま鬱々しく、自分のダメなところばかりが、浮き彫りにされる。 強烈にえっちしたくない、、、 強烈にえっちしたくない、、、 ナンパはエッチできてなんぼの世界であるのに、それをやるのがなんだかいやだなと思う。 ただ友達が欲しいだけでナンパをしているだけなんだけど、友達だって選びたいなって思う。 かわいくって 面白くって 考え方が共感出来て 勉強になって 人の悪口言わなく これらを全部まとめてみたら、自分に何か与えてくれる人が欲しかったみたい。 だからこそ、その交換条件として、自分が他人を笑わしているのかもしれない。 愛のないセックスをもとめていることと大して変わらないじゃないか それでナンパしに行くっていう流れができる。 初回講座ではなんでナンパしたいのかという議論になった。 そのナンパ師は、なぜ生きているのかという答えに対して、種の繁栄のためと答えた。 こうやってナンパをして人から認められたい、と思うからなのは否定しない。 ではそもそもそれが必要なのかと言ったら、そうすることで、子供を作り、種として繁栄するためだと言っていた。 それは社会的な動機にとどまらず しっかりご飯を食って、睡眠をとることで、体の機能をできるだけ長期にわたって維持することで、メスとの子供の養育生活を健全に営むため。 全ては性欲のため?野蛮じゃんか? そんなもののためにあなたは生きているのか?質問したくなった。 人間の三大欲求には、性欲食欲睡眠欲を形成するその、究極的な生を行うためという回答。 そういうことかと思った。 彼はナンパのできる、経営者であったが、より「生」に近い生き方をしているように思える。 よりよく生きることは彼は多少リスクをとっても必要不可欠だと知っているのであろう。 りすくをとるのはそれが自分が一番オスになれるからだというマインドで彼は人と話すし、仕事もやるし、海外旅行もする。 雄であるために必要なことは、それを作るライフだ。no life no dandy ダンディーになるために、我々は仕事を選び、いい食事をし、いい知識を蓄え、いい人間と出会い、語り、成長していく。 もちろんダンディーにはたくさんの定義があるだろう。 そのなかで適材適所に答えを出していき。男像を完成させていく。

4、見えきたもの

僕はコミュニケーション能力が低い。 しかし、文章だといろんな言葉が思いうかび、意外と言葉にできる人なんだと思うことがある。 会話は、内容の方向性、人と人との関係性に分かれると思う。 それに比べて文章は言語のみで表現するので会話よりもシンプルに伝えることができる。 文章だと圧倒的自由で、自分が言葉を連ねている間に、誰も口をはさんでこない。 だから自由。 ナンパ師の方には、こっちのほうでセンスがあるのかもしれないという指摘を受けた。 いいところと悪いところ、両方を絡て指摘してくれると、なんだか、この人素直な人なんだなって思ってしまいました。 ナンパ師さんは僕に、友達のような関係でいたいと言ってくれました。 かれは、直接的にそのテクニックを教えてくれるわけではなかったけれど ジェスチャー 褒め上手 相手が喜ぶことを言う。 これがまず本当にできているのかという問題がある。 彼が少し、ほかの大人と話してい時には、かなりイラっとした。 僕がお金を払って、 僕がお金を払って、それでナンパができると思っていたんですが、やってるいることはどうも即を意識した、関係性を向こうが作ろうとは思っていなかったように思われる。 だから、もっと女の子と話しまくりてーなと思っていたので、そうしなくて勝手にいろんな人と仲良く話しているナンパ師の先生にはらがっ立った。 この人は自分に対して何かしてあげようという気持ちはあるのかなって考えてしまった。 僕はかまってちゃんになってしまったんだと思う。 愛されたい ただ純粋にそう思っていた。 もっとほしい、もっと欲しいと思っていると ふとした人の優しさは、確かのその場にいくらでもあるのに それが当たり前だと思って、ありがたみをわかっていない。 今こうやって出会えた人は、ナンパ師さんと会うことによって出会えた人たち。 その人がくれた、人と出会い話せる時間、みんなで笑顔になる時間は、簡単に手に入るものだろうか。 ありがとうとい言葉を本当に使わない人間だと自分は思っていた。 その言葉を当たり前のように使える人はすごい、僕にとってその言葉は本当に有難かったなって思ったときにしか出てこないからだ。 僕は、人と話してもそれを受け入れていないという節がある。 ダメなところは特にそうです。 そういう指摘をしてくれる人ってめったにいないんですよ 質問の仕方が雑だったり。 大人ぶってみたり 笑わないし 着地点を考えてはなしていない ありがとうを心から言わない ポジション下なのに上を見上げならこうしろああしろという 会話の当事者になるというよりかは、斜に構えて人を見ている。 彼以上にどうしたらいいかわからあいということが分かってる。 文章の才能があるかもしれないからもっとやったほうがいい。 こんなこと言ってくれる人をこの三日間で何人も出あってきた。 ちゃんと人を見てくれたんだと、感心するばかりだ、僕がどれだけ彼らの短所や、長所を見抜けていただろうか。 僕もナンパ師の長所を発見することができた。 人に関心を持っている 仲間のために怒ってあげられる 自分の経験を分析している。 面白さを追求している 聞き上手である。 信念がある。 比喩を用いて話すことができる。 正直で素直である。 見えないわけではなかった。 むしろ見えていた。 彼にはなれないかもしれないが、彼から取り入れられるものを、取り入れてい けばよかった。 人に好かれたい、そのために必要なのは、愛を持って接することだ。 友達のために怒ってくれる人 友達のために聞いてくれる人 友達のために努力する人 友達のことをよく知っている人 友達のために時間をさける人 人と好かれるために何ができるかという考え方は実は表面的なテクニックでしかない。 人を好きになればそれは態度に現れる、人が好きじゃない人も態度にでる。 その両者と相対したときに、ああ、この人とかかわりたいと思うのは前者ではないだろうか。 人が浮きだろうか? 今、人に対して興味を持っているか、効率ばかりでやってはいないか? いろんな疑問を、人に対してできるか? 別に人間性だけに興味を持つのではなく、その人が持っている、もの、経験など様々なことに関心を持つこと、これが大切だ、 好かれたいで動いては、むしろ人は遠のいていく、それは対等な関係ではない。 対等というのは、相手を尊敬するすることだと思う。 最後に僕は投資家に出会った、プログラミングをやっていて、自分がうフロントを作るという話をしていたら、バックもやったほうがいいよ、とか、若いうちは勉強しろよ。 という言葉もいただいたし、高めのバーに誘てもらった。 最後はそのナンパ師さんと別れ彼と家で少し飲むことになる。 本当に楽しかった。 最初はばーで英会話をしたいと思って絡んできた。 最後にバンゲできたのがこの40代男性だ。 バンゲ交換できたのは 初日にバーで二件目まで行ったお姉さん。 そして、バーで出会ったおじさん この二人だけだったが、いい感じの関係を築くことができたと思う。 それは自分自身もどこかでその人たちを尊敬し、共感できたからなのかなと思っている。
▲目次にもどる
大学でナンパ軍団の勧誘をしていたら、仲間ができた話。

大学でナンパ軍団の勧誘をしていたら、仲間ができた話。

1、何か始めようと思った大学三年

二年の春休み僕はサークル活動をやめた、理由は別に楽しくないわけでも、嫌いな人間がいたわけではなかった。

割と人間関係は自由だったと思う。
それでもやめたのは、

大学生のうちに自分で成果をつかんで自分の自信にしていきたいという野心があったからだ。

部活でも自信がつくと思ったりしたが、

全然だった。

演劇をやっていたのだが、しっかり計画して準備していけば、失敗することもなかった。

褒められることはしてこなかったし、何ならダメ出しが多かったくらい

すべてが無難だった。


難なくやれてしまうからこそ、やってること自体は退屈だった。

自信が付くほど努力もできず、チャレンジするにもいろんな制約もあった。

お金もサークルで飛んでいくのでこのままでは時間を無駄にしてしまうことが分かったからこそ

やめることを決意した。

そうして僕は大学三年にしてフリーになった。

願いは

 脱コミュ障害

 自信がつく

 楽しく

 欲に素直に

 女から求められる男になりたい

 

それに近づけるようなサークル活動をしたかった。

そして、ナンパサークルを立ち上げようと思った。

2、一人でビラ百枚配る、サークル勧誘

待ちに待ったサークル勧誘、

自分でビラを作成し、100枚印刷してから、新入生にビラを配る。

ビラを作った。文字多し。

こんな感じで勧誘した。


会話開始

こんにちはー

新入生の方ですか?

はいそうです。

突然ですがサークル説明する前に

あなたはどんな大学生活を送りたいですか?

楽しい学校生活です。

もっと詳しく教えてくれませんか?

友達がたくさんほしいです。

確かに大事ですねー

なら、コミュ力大事ですねー?

はい

そこでご紹介させていただくのがナンパサークルなんですよね。

チラシを見せる。

えっww

ナンパっす。

先輩、バカなんですか?

さよう

しかしナンパもバカにはならん。恥を捨てバカをやる度胸、そしてあきらめない心、そこで身につく本物のトークに対する自信
すべてが手に入るよ。

なるほど・・

まあ兼部も可能だし。毎回自由参加だから、興味あったらこの紙の下にあるqrでライン登録して!遊びに来て!

会話終了。

てな感じでビラを配る。

大体80%このやり方でもらってくれるw

ビラが予想以上に受けていたようだ。

しかし、勧誘しているとほかのサークルもしようと混ざってくる。

そして当然俺のビラも見てもらう。

そちらの反応もまあまあいい。

しかし、後々発覚したことだが

童貞キャッチコピーは人を傷つけてしまうんじゃないか

というまっとうな新入生の意見をいただき、

修正することになった

入部はしないが

応援しています!!先輩!

と逆に新入生から励まされることも少なくなかった。

新入生は何かと入るサークルを絞ろうとしている人も多いがそれではもったいない。

忙しくなるからといっても、入れるところには入ったほうがいい。

なんでかっていうと、サークル勧誘だけでは、サークルの全体像や、闇を理解しかねるからだ、どんなものごとにも、隠したい側面があるのだ。

楽しい、初心者大歓迎、無料の新歓コンパなどサークル活動とはほとんど無関係なプレゼントを彼らは提供する。

彼らもサークルの存続がかかっている。

サービス精神全開でやっているのだ。

3、ほかのサークルと一線を画したナンパサークル

、ほかのサークルと一線を画したナンパサークル

ほかのサークルの特徴として挙げられるのが、ずばり団体行動

それに対して僕が作ったサークルは個人行動だ。

俺はオオカミになれと、

彼らにナンパというものの存在を紹介する。

恥は書いて当たり前というマインドで、道端の女性に声をかける。

ガンしかされようが、仲良くなろうが

全てが自分の責任だ。

言い換えるなら

孤独な狩りに近い

究極の男磨き、取り組んでいる価値は十分あり差別化はできていたように思う。

4、実際ナンパしてって言われ困惑する

確かにあなたは面白いことをしている。

けれど実際のところ実力はどうなのか?

そういうむちゃぶりな質問をしてくる。

輩がいるう!

正直きつい。

駆け出しナンパ師だぞ、俺は、、、それに

学校ナンパはかなり失敗しやすい。

状況から考えても、できてもバンゲ交換が精いっぱいだ、最初に声をかけたときに最初に彼女が思うのが

ああ、サークル勧誘か

ノリもいまいちである。

そこから連絡交換してって聞くと、

明らかに裏切った感じがしてこないか?

実際僕は、新入生の無茶ぶりに合わせて、声をかけに行ったが、5ペア中ガンシカは0だった。

しかしそれは、別に知りたくもなかった、これから起こるであろう大学生活の話だったり、出身、恋愛の話。

そういう話には乗ってくれてはいるが、彼女たちはあくまで聞き手でいようとするのだ。

彼女らにそもそも自己開示する場でないのは、

サークル勧誘を経験して、いろいろな話を聞きに来るという目的があるからだ。

彼女らはぬくもりを欲しているのではなく、情報を欲しているのだ。

何度もしつこく勧誘されていると、彼女らも身構えてしまう。

それはナンパのように突如としてではなく、何度も何度もである。

そうするとどうなるのか

飽きるのだ。

なるべく手短にしてもらえるかと、表情からも見て取られる。

俺は声掛けをするがなかなか和みに至らず、リリースする。

僕の散り際僕は彼らに勇気を与えられたであろうか。

まあ、でも

あの場面でよく声をかけられたなと、始めたての頃は地蔵するしかなかったのに

成長してたんやなって感じることができた。

5、ナンパ仲間との遭遇

ビラはそうこうしている間に残り20枚に差し掛かった。

僕はもう勧誘する場所を選ばなくなっていった。

うちの学校は大きな通りがあって、そこに公認サークルが密集している。もちろんサークル勧誘の紹介係がいる。

監視しているのか、さぼっているのか

ただそこで見回りしているだけだったので、僕は監視員かなんかと警戒していた。

世間的に俺よくないことをしているよな。

そんな中僕は大きな通りの真ん中を歩き、新入生に対して、勧誘をする。

空を見上げると桜並木を挟んで太陽が真ん中に祭壇のともしびのように輝いていた。

散りゆく桜がナンパで撃沈した記憶を呼び起こす。

何度か新入生を止めて勧誘していると。

途中で公認サークルの大学生に「なんなんあいつ」「女子に上杉やろw」

とか言われてしまい。

少し寂しい気持ちになった。

それでもやっていくと新入生の反応が良かったので、続けられる。

新入生5人に声をかけた。

それが彼との出会いだった

彼は、身長は175cmくらい。

頭に黒いバンダナをまき、茶がみを上品にまとめた、カーキ色のブルゾンに花柄の白いロングスカートがよく似合う
女友達を連れて。

くそかわいい。うらやまし

彼はおそらく、普通の大学生とは違う、そんなオーラが出ていた。

落ち着いた黒のコートに丸首の生地のよさそうなシャツに、ブレスレットをうるさくなく着用していた。

ファッション的な面を見ても、彼の雰囲気はどこか違う。

「ナンパを通して、コミュニケーション能力を上げ、常に女性を喜ばせるトークをする努力を怠らない、そうする中で自信をつけ、社会に出てそのスキルを役立てていく。それが僕のサークルの目指すべきゴールです。」

彼は、落ち着いた声で、

「じゃあ、俺が求めるものとは違うかな。」そのあと彼は少しはにかんだ。

イケメンだった。

かれはもう一つ僕にアドバイスした。全て知っているようだった。

「確かに、ナンパサークルは、実践的で、生徒に勇気を与えられるかもしれないね。でも新入生は普通はいるのためらうと思うよ。」

彼はそういって。チラシを受けとった。その日が暮れないうちに彼から連絡が来た。

「今日公園来れる?ナンパ見たい。」

「分かりました。19:00集合にしましょう。」

会うことが決まった。

彼のスト高はかなり高い。なんなら哀川翔に似ている。少しビビった。

彼とカフェで会うと、なんでナンパしているのか?友達はいるのか?企業を考えてはいないか?いろいろ根掘り葉掘り聞かれた。

それから彼とはすぐに意気投合してしまう。

彼と僕に共通していることといえば、我の強さ、女欲といったところか。

それから彼らにナンパを見せてから、初めてバンゲ交換に成功する。

彼らとナンパしていると、本当に心が軽くなるのを感じる。

何があってもそのあとの話を共有できると確信できるこそ

それが、自分自信のむなしさを減らしてくれたのであろう。

彼は本当にやさしく本当にモテる男なのだろうと思った。

彼と行けば俺もうまくなるのかなとも未来に期待できた。

連絡先を交換した女の子がチャラ男にナンパされたときに、

「助けに行けよw」

少し小ばかにしてそういったのは

彼だった。

自分は「その女に手を出すな」とかいう立場の人間ではなかったので。

「ちょっと腕相撲しようぜと」いって、なぞがらみをして、チャラナンパ師を撃退した。

彼女は喜んでくれたかどうかはわからないが、それがあったからか、今でも連絡は続いている。

あの一言がなければ死番は確定していただろうに。

結局その日のナンパの一番の成果は彼の発言に助けられた。

彼には感謝と尊敬をその日のうちに持ってしまった。

6,発信すれば出会いが生まれる

発信すれば出会いが生まれる

自分が駆け出しナンパ師であっても、ナンパができる人とつながりあうことはできる。

彼らは、実力だけではなく、思いにも共感を示してくれる。

だからこそ、自分の熱意がそこにあるかどうか、それが彼との出会いを結び付けたのだと推測している。

彼との出会いは僕のナンパの過程において、一つの転換点になると思っている。

サークルは結局三人しか集まらなかったが、それ以上に、いろんな人に元気をもらい、ステイな出会いにも巡り合えた。

ナンパは最終的に一人でできないといけないと思う。

いつだって人とかかわるときは自分の意思で選択しないといけないからだ。

そのためにはいろんな試練を仲間と共有できたほうが成長を感じられる。

諦めずこれからもナンパしよう。

男女ともに素敵な出会いがあると信じて。

いまソロナンしている駆け出しナンパ師にいう。

突き進めば仲間はできるよ。